場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

今日は図書館に行くよ

「これから図書館に行く」
「それで?」
「本を2冊借りる」
「これで3冊だ。2週間で読める筈がない」
「頑張る」
「頑張るな」
「なぜ」
「どうせ読めない。挫折感だけが残る」
「じゃあ、どうすれば良い」
「気の向くままに斜め読みだ」
「じゃあ、そうする」
「素直でよろしい」
「ただ、図書館に行った後の行動が決まっていない」
「ああ、昼食か」
「どうしよう」
「ジョリーパスタにしろ」
「久しぶりだな」
「気分転換は重要だ」
「でも、お金がない」
「何とかなる」
「魔の山と火星の人類学者、どっちが優先だ?」
「知らん。見てから決めろ」
「メッセージは無いですか?」
「人間関係に気をつけろ。お前はサービス精神から喋り過ぎだ」
「わかりました、守護霊様」
「よろしい」


タロットと宗教

「A君がユダヤ教徒になれってうるさいんだ」
「放っておけ」
「ただし、タロットを辞めないとダメだって」
「ああ、サタンのいちみとか言われてたな」
「どう思う」
「タロットはやめるな。金になる」
「でも、もうタロットには疲れてるんだ」
「しばらく休め」
「Bさん問題もあるんだよな」
「放置だ」
「ユダヤ教徒にはならなくて良いんだな」
「当然だ」
「A君の魅力って何だ?」
「愛想の良さだろ」
「それだけか?」
「ああ、そんなもんだ」
「そんなもんか」
「親友にはなるなよ」
「わかった」
「明日はどうしよう」
「図書館だろ」
「忘れてた」
「本当に馬鹿になったな」
「やっぱりそうか。回復はあるか?」
「昔のようには無理だが、今よりはマシになる」
「ありがとう。信じるよ」


あの女はやめておけ

「今日はミスをした」
「ああ、イベント会場に残るべきだったな」
「やっぱりそうか」
「当り前だ。なんの目的で行った」
「イベント終了後の打ち上げだ」
「本当に、お前、頭悪いな」
「ああ、でも貴重な情報を入手した」
「結婚を考えているAさんのことか」
「やめておけと言われた」
「それを真に受けるのか」
「しかし、かなりヤバそうだ」
「お前の人生なんて終わってるんだから、どうでも良いだろ」
「あああ、それが守護霊様の台詞か」
「流れに任せろ」
「婚活しようかな」
「無理だ。金がないだろ」
「そうだな」
「やっぱり、イベント会場に残るべきだったか」
「当然だ。しかし、後悔するな。チャンスはまたある」
「Bさんのことか」
「まあ、一緒に食事をするくらいのチャンスだがな」
「のんびり行くか」
「そうだ。のんびりだ」