場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

ジャーナリスト

「中島様、昨日はジャーナリストと繋がりましたぜ」
「そうみたいだな」
「俺様のデビューも近いか」
「デビューは終わっているだろ」
「いえ、まだまだ」
「病気を売りにするのか」
「そういうことになりますね」
「まあ、悪くない。たた深追いするな」
「深追い?」
「色気を出さないことだ。出版とかプッシュはするな」
「あくまで、PULLですね」
「そうだ」
「でも、嬉しいです」
「良かったな。ただ、浮かれるな」
「はい」


霊界通信の効果

「ついにやったよ」
「何をやったんだ」
「長年苦しんできた小説、笑顔の監獄を完結させたんだ」
「それは霊界通信の効果だな」
「俺もそう思う」
「これから、どんどん良いことがあるぞ」
「いや、楽になったよ。懸案はどんどん処理しないとな」
「まあ、浮かれるな。それだけだ」
「わかったよ」


俺から狂気を取ったら何が残る?

「中島、俺から狂気を取ったら何が残る?」
「心配するな、狂気は取れない」
「俺、マトモになったんだぜ」
「そうか、それはおめでとう」
「俺は狂気というガソリンで動いてきたように思うんだ」
「なら、動かなくなる」
「まだ、狂気が残っているのか」
「ああ、洗ってもどうしようもないくらい、染みついている」
「言ったよな。俺の人生は2014年で終わったって」
「聞いた」
「もうすぐ死ぬんだけど、それまで何をする」
「だから、何もしなくて良い」
「何もしないのも難しいな」
「なら、何かすれば良い」
「何をしよう」
「だから、何もしなくて良い」
「狂気のコレクション」
「それでも良い」
「精神疾患評論家になる」
「経験不足だ」
「狂気のコレクションしか無いか」
「好きにしろ」
「今日も一日、ありがとう」
「やっと守護霊様にお辞儀したな。明日は良い日だ」