場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

霊界通信の危機

<独白>
もっぱら酒に逃げている。金欠なのにだ。どうするつもりだ。今日も鳥貴族だ。昼は。地震が怖かった。朝は。早かった。狂ってるね。本当に。霊界通信、久しぶりだな。危機かも。なに、デートサークルの話を書けって。つまらんよ。大学生と居酒屋行ったり、カラオケ行ったりだ。もう、20年前の話だ。発病後、初診前。躁状態だった。いかれてたね。今も同じか。もう、早く霊界に行きたいよ。ガッツだぜ。意味不明だ。いかれてるね。そうだね。いかれてるね。muragonだもの。


ひしょひしょ話

「もう、ダメだな」
「はい」
「飲め、買いに行け、ハイボール」
「明るくなれば」
「成年後見はやめたんだな」
「はい」
「入院も諦めた」
「はい」
「ふむ、まだ割り切れてないな」
「はい」
「だから、もうダメだ。生きようとするな」
「死ねと言うのですか?」
「死ねればもうけものだが、死ねない」
「現世で苦しみ続けろと」
「残酷だな」
「守護霊さま、痛みと苦しみを取り除いてください」
「だから、酒を飲め」
「はい」


空白空間

<独白>
俺は二重人格なのか。4月の俺は別人格だったのか。今の俺は誰なのか。朝から酒を飲む俺は誰なのか。
躁うつ病だと医者は言う。病気じゃないと言う藪医者もいる。俺はすっかり傷ついた。抱えるリスクが大き過ぎる。
永久入院。M先生。悪くないんじゃないか。不安と爆弾を抱えて暮らすよりも。
いま何がしたい。誰に会いたい。何が食べたい。ああ、浮かばないよ。焼鳥とビールかな。つくねの塩がいい。峰子さんに会いたい。癒されたい。
もうダメさ。流されるだけ。守護霊様と昔話がしたい。夢はない。希望はない。疲れ果てた私は。ああ、本当に疲れてるんだ。寝起きなのにね。タバコ買いな。俺が許す。