場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

禁煙できなかったよ

「禁煙できなかったよ」
「そうか仕方ないな」
「それで終わりか」
「俺を頼ってどうする」
「もう、貧困は御免だ」
「諦めろ。貧困は解消できない」
「役に立たない守護霊だな」
「おまえの使い方がわるい」
「毎日か」
「ああ、そうだ」
「目白の叔父様は無一文に慣れろと言ったが」
「その通りだ。在庫を作れ」
「俺、まだ生きるのか?」
「うむ、稟議がなかなか通らない」
「障害と貧困の当事者研究でもやるか」
「それが良い。革命的なことに繋がるかもしれない」
「インヴェガか」
「いや、加齢だろ。経年劣化だ」
「自炊、やめるよ」
「ああ、あれは最終手段にとっておけ」
「中島と行った、炉端料理、うまかったな」
「よく覚えてるな」
「寿司屋も行った、イタリアンも行った」
「リッチだったな」
「ああ、落差が激しいよ」
「まあ、病状だな。病状を見極めろ」
「わかった」

さあ、禁煙だ。

「明日から禁煙する」
「いいね」
「そのかわり、週1でトリキだ」
「いいね」
「整形外科は異常なし」
「よかったね」
「自炊、頑張る」
「いいね」
「禁煙、出来るかな」
「出来る」
「守護霊様が言うんだから、間違いないだろう」
「絞るぞ」
「きばるな。反動が出る」
「精神病の悪化を感じる」
「そんなもんだ」
「それじゃあ、困るんだよ」
「諦めろ」
「回復はないのか」
「遠い先の話だな」
「虚しいな」
「運命だ」
「そこを何とか」
「どうしたい」
「知能の回復」
「インヴェガをやめればいい」
「主治医に内緒でか」
「うまくやれ」
「わかった」


8月を乗り切った

「ああ、今日から9月だ」
「随分、久しぶりだな」
「すまない」
「俺は不満だぜ」
「すまない」
「なら、俺の命令を聞け」
「なんですか」
「なんでもない」
「どうしたんですか?」
「心配するな。俺は守護霊様だ」
「いえ、心配です」
「お前、貧困に耐えられるか?」
「厳しいですが、耐えるしかありません」
「享楽で行こう。もう1本飲め」
「ありがたい守護霊様だ。スーパーに行ってきます」
「そうしろ」
「はい。ところで足の筋力低下の


方は」
「インヴェガの副作用だな」
「自主減薬してます」
「それで良い。あとは節煙だ」
「分かりました」