場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

舐めるなよ。俺はエキスパートだ。

「怒り心頭だ。あの、ドコモの蛸Eさん、こっちはエキスパートだぜ、今日は乗り込んでやる」
「いい調子だな」
「怒り心頭だ。馬鹿、社会福祉法人さんよ。泣きっ面をこくのはアンタだぜ」
「いい調子だな」
「感情にはポジティブもネガティブも無いとうのが、ゲシュタルトの教えだったな」
「百武さんね」
「ラグーナ出版にも電話しないとな」
「少し冷静になれ」
「今日はもう、電話に出ない」
「いいね」
「サスペンダーをやめてスーツにする。まず金をおろす。そして、区役所に電話してから、ドコモに乗り込む。力の行使だ」
「まあ、落ち着け」
「こうなったら破れかぶれだ」
「それもありだろう」
「しかし、尊属殺人未遂の鬼母との調停は、結構大変だ。終わりはKH氏。火曜日は雨」
「金策の目途はあるのか」
「銀行から借りるしかない」
「自己破産しているのにか」
「なに、道は開けるさ」
「その楽観は良いね。楽観は意志に属し、悲観は感情に属するとフロムは言った」
「それ、俺の十八番なんだけど」
「今日はハードだぞ」
「そうだな」
「何が大事だ?」
「体力だ。そして無駄な動きをしないことだ」
「わかった。ありがとう。コンビニに行くよ」
「そうしろ」
「じゃあな」
「あいよ」


医者を変えました

「制限の好きな医者を変えてみました」
「奥の手か」
「そうも言えます」
「まあ、Jからのメッセージなら仕方あるまい」
「怖いです」
「耐えるのだ」
「9時間、考える」
「来週は真実か」
「そうですね」
「焦るな」
「はい」
「行方不明。調停。訴訟。手順をきっちりと、だ」
「はい」
「不思議な空き巣だったな」
「幻覚ではないですよね」
「さあ。飛んだとも言える」
「超越体験なのか」
「そうかもしれない」
「真実」
「そうだ。新しいミッション。文学賞一点突破だ」
「展開がありますね」
「そう。大転回だな」
「大転回ですか」
「大転回だ」



守護霊様までが

「いろいろってさあ」
「どしたい」
「弁護士マター、将来のビジョン、お金のこと、彼女のこと、などかな」
「ブログは、ドクターストップじゃなかったのかい?」
「なら、医者の指示を仰げ」
「中島まで、そういうか」
「中島とはなんだ中島様といえ」
「中島様」
「よし、続きは医者の許可を得てからだ」
「わかりました」