場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

今日は馬鹿っぽかった

「今日は頭が弱くなった気がした」
「障害者世界に馴染み過ぎたんだ」
「まずいか」
「まずい」
「明日の地活はパスか」
「そうだな」
「心臓も悪い」
「タバコを控えろ」
「医者みたいなことを言うな。霊の力で何とかならないか」
「無茶を言うな。俺は霊だ」
「岡本タロットはマジか」
「ああ、マジだ」
「サイキックなんだよな」
「そうだ。1年半続けろ。継続は力だ」
「カフェはコージーだよな」
「そうだ」
「心臓が心配だ」
「ああ、まあ、すぐには死なない」
「魔の山が残ってる」
「気軽にしろ」
「タロットはブログに上げるのか?」
「名前を変えろ。あのブログはダメだ」
「faacebookにしようか」
「それは良い」
「4月1日スタートか」
「いや、4月8日にしろ。魔の山もあるしな」
「わかった」
「明日は節制しろ」
「図書館もパスか」
「日曜にしろ」
「なるほど」
「Mさんとの運命はどうなる」
「友達からだな。急ぐな」
「中島様は他の霊とも話したりするのか」
「当り前だ。だから霊界だ」
「はじめに言葉ありきか」
「そうだ。進化論は嘘っぱちだ。退化論が正しい」
「神が退化して人間になったのか」
「そうかもしれないな。まあ、普通は被造物というがね」
「しかし、頭が悪くなった」
「嘆くな、そのうち少しは回復する」
「脳トレだな」
「脳トレだ」
「じゃあ、これから第1章を読むよ」
「無理するなよ」
「ありがとう」
「じゃあな」



毒気

「今日は疲れたよ」
「毒気に当てられたんだ」
「そういうことか」
「まあ、そんな日もあるさ。気にするな」
「ありがとよ」



熱狂と興奮が欲しい

「熱狂と興奮が欲しい」
「無理だな」
「ささやかな快楽が欲しい」
「それも無理だ」
「なぜだ」
「脳がおかしくなっている」
「どうすれば良い」
「バナナとブルーチーズだ」
「バナナはともかく、ブルーチーズは高い」
「目標が欲しい」
「まだ早い」
「M子さんとやりたい」
「まだ早い」
「余生の楽しみ方がわからない」
「脳の問題だ。楽しめない脳になっている」
「どうすれば良い」
「まず、リーマスを完全にやめろ」
「それだけか」
「週に1回は岡本へ行け」
「それだけか」
「タロットを再開しろ」
「早くないか」
「ほかに何が出来る。文学の方が厳しい」
「トートかウエイトか」
「いや、サイキックだ」
「そういえば、超自己対話法があった」
「それは継続だ」
「寝起きが悪い」
「一時的なことだ。我慢しろ」
「お金がない」
「節約しろ」
「いつ、復活するんだ」
「自分で、転落の50代、復活の60代と言っていたじゃないか」
「あと、3年か。何で復活するんだ」
「それは言えない」
「文筆は無理か」
「今の知能では厳しい」
「何とかしてくれ」
「焦るな。岡本で週1回タロットだ。そして瞑想だ」
「具体的だな」
「そして毎回、Facebookにアップしろ」
「心理系か」
「いや、宇宙系だな」
「ゴールは何だ」
「そうだな。これは手段だ。そのうち出会いがある。それからだ」
「目的があるのか」
「目的は余生の過ごし方じゃないか」
「タロットGENのスタイルはどうする」
「リメイクだ。ただし、急ぐな。重要なのは完成度だ」
「ありがとう、もうすぐヘルパーさんが来る」
「じゃあな」