場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

霊界通信の意義

「久しぶりになって悪い」
「本当だ。守護霊をほったらかしにするとは良い根性だ」
「ああ、超無気力なんだ」
「一人暮らしの終焉と、再度の経済破綻だな」
「最悪だよ。救護寮に入れだとさ」
「まあ、そう簡単には行かんな」
「どうすれば良い」
「手遅れだ」
「そんな」
「まあ、酒に逃げるしか精神が持たないだろ」
「節約は無理か」
「まあ、無理だな」
「完全に破綻だな」
「そうだな」
「酒に逃げる日々か」
「そうだな」
「霊界通信の意味って何だったんだ」
「お前、以前より状態が良くなってるぞ」
「そうかもしれない」
「無理をするな。夢を見るな。這いつくばれ」
「そうすれば、どうなる」
「状態が良くなれば、精神障害は消える」
「ああ、発狂はもうこりごりだ」
「霊界は遠いな」
「まだ、現世で苦しむのか」
「それが相場だ。耐えろ」
「わかったよ」


霊界通信の危機

<独白>
もっぱら酒に逃げている。金欠なのにだ。どうするつもりだ。今日も鳥貴族だ。昼は。地震が怖かった。朝は。早かった。狂ってるね。本当に。霊界通信、久しぶりだな。危機かも。なに、デートサークルの話を書けって。つまらんよ。大学生と居酒屋行ったり、カラオケ行ったりだ。もう、20年前の話だ。発病後、初診前。躁状態だった。いかれてたね。今も同じか。もう、早く霊界に行きたいよ。ガッツだぜ。意味不明だ。いかれてるね。そうだね。いかれてるね。muragonだもの。


ひしょひしょ話

「もう、ダメだな」
「はい」
「飲め、買いに行け、ハイボール」
「明るくなれば」
「成年後見はやめたんだな」
「はい」
「入院も諦めた」
「はい」
「ふむ、まだ割り切れてないな」
「はい」
「だから、もうダメだ。生きようとするな」
「死ねと言うのですか?」
「死ねればもうけものだが、死ねない」
「現世で苦しみ続けろと」
「残酷だな」
「守護霊さま、痛みと苦しみを取り除いてください」
「だから、酒を飲め」
「はい」