場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

離人症

「中島。俺、離人症ぽいよ」
「ああ、精神科の薬など飲むな」
「そうするよ」
「ちょっと休養だな」
「新しい精神科医はどうだ」
「ダメだろ」
「また、変えるか」
「いい医者なんていないぞ」
「まあ、利用するだけか」
「そうだな」
「離人症はどうづれば治る」
「薬は無い。酒だ。ビールだ。ハイボールだ」
「今からコンビニに行くか」
「行け。俺は甘いぜ」
「つまみは何が良い」
「やっぱり行くな」
「おい、守護霊が迷うのか」
「スーパーに行け」
「なんだか今日の中島様はおかしいぞ」
「問題は昼食だ。金が無いんだろ」
「そうだ。金が無いんだ」
「ハイボールとおにぎりで500円。カラオケで300円。夕食で500円だ」
「よし、それで行こう」
「耐えろ。恩義を忘れるな。タバコはやめろ」
「ハイボールで耐えたことになりますか」
「ああ、解離性障害にはハイボールだ」
「アルコール依存だな」
「酒は百薬の長だ」
「金が無くなる」
「解離性障害よりマシだろ」
「そういう考え方もあるか」
「それに、アルコール依存ではない」
「じゃあなんだ」
「薬だと思え。酩酊する訳じゃないんだ。緊張を解くだけだ」
「何も手につかないな」
「気にするな。必ず良くなる」
「天国に行きたいよ」
「気持ちはわかるがな」
「今日はカラオケに行くよ」
「まあ、発散しろ」
「腹が減った」
「コンビニに行け」


守護霊をなめるなよ

「すまない。2日も飛んでしまった」
「おい、守護霊をなめるなよ」
「いや、そうじゃなくて」
「心が宙に浮いてるな」
「はい。頭がおかしくなってます」
「確かにおかしいな」
「はい」
「今日、一番響いたことは何だ」
「自分をしっかり持てと言われたことです」
「それで、しっかり持てるのか」
「自信がありません」
「ふむ、正直だな。もっとも俺の前で嘘は通用しないがな」
「どうすれば良いのでしょう」
「答か」
「はい」
「収入は年金だけだと思え。夢や妄想はすてろ」
「RIPPさんと同じですね」
「RIPPはマトモだ。一番マトモだ。仲良くしろ」
「KH氏も神様ですよね」
「そうだ。KS氏も神の域だ」
「俺は悪い奴ですか」
「かなり悪い奴だな」
「やっぱり」
「HM氏を裏切るな」
「ええ。そのつもりではいます」
「HM氏も神様だぞ」
「そうですね」
「悪い奴になるのは、この辺でやめておけ」
「わかりました。けっこう、八方美人してますよね」
「かなりのもんだ」
「病気はどうなりますか」
「それは言えない。いや、お前さん次第だ。ああ、まだ現世に未練があるか」
「現世に未練はありませんが、苦しむのはいやです」
「孤独に弱いな」
「そうですね」
「まあ、これ以上、悪い奴になるな」
「節約ですね」
「そう来るか」
「はい」
「まあ、悪くない結論だ、そうしておこう」
「ありがとうございます」
「あいよ」