場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

熱狂と興奮が欲しい

「熱狂と興奮が欲しい」
「無理だな」
「ささやかな快楽が欲しい」
「それも無理だ」
「なぜだ」
「脳がおかしくなっている」
「どうすれば良い」
「バナナとブルーチーズだ」
「バナナはともかく、ブルーチーズは高い」
「目標が欲しい」
「まだ早い」
「M子さんとやりたい」
「まだ早い」
「余生の楽しみ方がわからない」
「脳の問題だ。楽しめない脳になっている」
「どうすれば良い」
「まず、リーマスを完全にやめろ」
「それだけか」
「週に1回は岡本へ行け」
「それだけか」
「タロットを再開しろ」
「早くないか」
「ほかに何が出来る。文学の方が厳しい」
「トートかウエイトか」
「いや、サイキックだ」
「そういえば、超自己対話法があった」
「それは継続だ」
「寝起きが悪い」
「一時的なことだ。我慢しろ」
「お金がない」
「節約しろ」
「いつ、復活するんだ」
「自分で、転落の50代、復活の60代と言っていたじゃないか」
「あと、3年か。何で復活するんだ」
「それは言えない」
「文筆は無理か」
「今の知能では厳しい」
「何とかしてくれ」
「焦るな。岡本で週1回タロットだ。そして瞑想だ」
「具体的だな」
「そして毎回、Facebookにアップしろ」
「心理系か」
「いや、宇宙系だな」
「ゴールは何だ」
「そうだな。これは手段だ。そのうち出会いがある。それからだ」
「目的があるのか」
「目的は余生の過ごし方じゃないか」
「タロットGENのスタイルはどうする」
「リメイクだ。ただし、急ぐな。重要なのは完成度だ」
「ありがとう、もうすぐヘルパーさんが来る」
「じゃあな」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。