場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

心の痛みと喪失

「遂に日曜日だ。新しい週が来たな」
「そうですね、守護霊様」
「しかし、お前さんは、喪失など感じていない」
「はい。あるのは打算です」
「打算も大事だが、打算だけではいけない」
「なにが必要でしょう」
「寛容だ。そして柔らかさだ」
「他には」
「プロにまかせるところは、プロにまかせろ」
「なるほど。弁護士、税理士、保険屋ですね」
「そうだな」
「入院はどうしましょう」
「するしか無いだろ」
「ですよね」
「あまり無理をするな。安全策で早めに行け」
「わかりました」
「くれぐれも計算上の無理をするな」
「はい」
「なら、10時に眠剤だ。ほとんど寝てないんだぞ」
「はい」
「ブログはもうやめろ。やってログインまでだ」
「はい。守護霊様。スケジュールを再確認しておきます」
「では、今日はこの辺で」
「ありがとうございました」







記憶障害

「統合失調ではなく、記憶障害とは、困ったもんだ」
「診断基準と名前だけで、こうも変わるのか、だな」
「俺は混乱しているのに、訪問看護師には、とてもしっかりしていると言われる始末」
「信じてもらえない、演技だと思われる」
「そうだな。そういうケースも頻発するな」
「今日は、2日前のことが1年前のようだと言っておいた」
「それが実感なんだよな」
「そうなんだよ」
「でも、今日は良いこともあった」
「それはそうだ」
「真実の時は終わり、明日の日曜日からは喪失の悲しみを乗り越える時だ」
「よく知ってるな」
「喪失とは母のことだろ」
「間違えなくそうだ」
「もう、接触するな」
「分かってる」
「今日は20時40分に眠剤だぞ」
「そうだな。今日は仕事をした」
「よく山を越えたな」
「あとは、節約と換金だ」
「勝利を急ぐな。中くらいの勝利で満足できるものは、常に勝者でいられる、だ」
「そして、手順を踏め。行き詰まったら巻き戻せ。重要な意思決定は遅ければ遅いほど良い、か」
「そうだ、オックスフォードの常識だ」
「ああ、常識だ」
「寝る時間も重要さ。早朝覚醒も病気だぞ」
「山は越えた。最後の切り札はとってある。今回は切り札を使え。それも上手くにだな」
「そうだ」
「ありがとう守護霊様」
「寛容とは」
「嫌悪の自制」
「寛容で行け」
「はい」


一時的な記憶障害

「解離性障害ではなく、一時的な記憶障害の可能性が出てきた」
「そういう見方もあるのか」
「エビリファイが無い」
「電話で問い合わせろ」
「手順が大事だな」
「当然だ。オックスフォードで何を学んだんだ」
「いろいろ考えられるな」
「訪問看護に気を使う必要はないよね」
「当り前だ。その前に頭を使え」
「わかった。ありがとう。取り込み中なんで、後で」
「わかった」