場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

日々のお勤め

「中島さん、今日も何とか帰宅出来たよ」
「よかったな。無理するな」
「このブログ。霊界通信なんだよね」
「そうだね。俺は完全に霊体だから」
「今日は霊的にはどうだった?」
「霊的には良いが身体が悪いな」
「明日も出掛けるんだ」
「まあ、人生は終わってるんだ。気楽にやれ」
「頻脈発作と金欠パニックが怖いな」
「何とかなるさ」
「今日から毎日報告するね」
「そうしてくれ。俺も退屈だ」
「お好み焼きに紅しょうがのトッピングが美味しかった」
「うむ。羨ましい話だ」
「生ビールを2杯飲んで、心電図をとった」
「悪くない」
「タクシーを使わず、バスで帰ってきた」
「そういう頑張りは褒めない」
「これから本を読んで、寝る」
「ああ、面倒くさそうな本ね。好きにしな」
「また、明日」
「ああ、待ってるよ」


結婚について

「結婚を迫られてる」
「妄想だな」
「やっぱりそうか」
「妄想だ」
「でも、結婚しないんですかった聞かれた」
「それがどうして、結婚を迫ったことになる」
「そんなものか」
「当り前だ。相手の親と同じ歳なんだぞ」
「それもそうだな」
「だあたい、なんで結婚したい」
「いや、一人は寂しい」
「結婚生活は厳しいぞ」
「やってみないと分からない」
「お、俺に逆らうのか。守護霊やめるぞ」
「脅しかよ。守護霊様には従いますよ」
「でもね、結婚に向かっている気がする」
「気のせいだ。妄想だよ」
「相手がいる」
「まあ、そのうち分かるさ」
「そうだな、そのうち分かるな」
「3回目の結婚か。面白いと言えば、面白いな」
「春で浮かれてるのかな」
「きっと、そうだろう」
「今度は金曜日だったな」
「多分ね」
「結婚したいか」
「したい」
「馬鹿だな、お前」
「そう言えば知能を回復させてくれ」
「だから時間がかかると言ってるだろ」
「クスン」


ボランティア

「今日は今年初めてのデートだったんだ」
「そうみたいだね」
「で、なんで会ったか聞いたら、暇つぶしだと言われた」
「馬鹿だな。そんなの真にうけるのか」
「違うのか」
「違うに決まってるだろ」
「でもな、押せなかったな」
「押さなくてよろしい。お前は暴走する」
「余生だしな」
「生産的なこと、活動的なことはしないという悟りは、実に良い」
「そうか。執筆に悩まなくてもいいか」
「悩む意味がない」
「霊界は変わったことはあるか」
「いや、結局、世俗を上から眺めているだけさ。ポスト安部とかね」
「物理的実態がないから病気にならないな」
「まあ、量子という実態はあるけどね」
「心臓、どうなるんだろう」
「安静だ。オナニーはするな。危険だ」
「セックスもか」
「当り前だ」
「それにしても馬鹿になったな」
「そうだな。本当に馬鹿になったな」
「守護霊の力で何とかならないか」
「まあ、お前次第だ。お前がこうやって俺の相手をしていれば回復する」
「そうか。でも、もう世俗は良いんだ。知能は回復して欲しいが」
「精神科の薬で脳がやられてしまったんだ。諦めろ」
「おいおい、さっき回復するって言ったじゃないか」
「そうだったな、まあ、自分次第だ。気楽に生きろ」
「ありがとう。気楽に生きるよ」