場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

熱狂と興奮が欲しい

「熱狂と興奮が欲しい」
「無理だな」
「ささやかな快楽が欲しい」
「それも無理だ」
「なぜだ」
「脳がおかしくなっている」
「どうすれば良い」
「バナナとブルーチーズだ」
「バナナはともかく、ブルーチーズは高い」
「目標が欲しい」
「まだ早い」
「M子さんとやりたい」
「まだ早い」
「余生の楽しみ方がわからない」
「脳の問題だ。楽しめない脳になっている」
「どうすれば良い」
「まず、リーマスを完全にやめろ」
「それだけか」
「週に1回は岡本へ行け」
「それだけか」
「タロットを再開しろ」
「早くないか」
「ほかに何が出来る。文学の方が厳しい」
「トートかウエイトか」
「いや、サイキックだ」
「そういえば、超自己対話法があった」
「それは継続だ」
「寝起きが悪い」
「一時的なことだ。我慢しろ」
「お金がない」
「節約しろ」
「いつ、復活するんだ」
「自分で、転落の50代、復活の60代と言っていたじゃないか」
「あと、3年か。何で復活するんだ」
「それは言えない」
「文筆は無理か」
「今の知能では厳しい」
「何とかしてくれ」
「焦るな。岡本で週1回タロットだ。そして瞑想だ」
「具体的だな」
「そして毎回、Facebookにアップしろ」
「心理系か」
「いや、宇宙系だな」
「ゴールは何だ」
「そうだな。これは手段だ。そのうち出会いがある。それからだ」
「目的があるのか」
「目的は余生の過ごし方じゃないか」
「タロットGENのスタイルはどうする」
「リメイクだ。ただし、急ぐな。重要なのは完成度だ」
「ありがとう、もうすぐヘルパーさんが来る」
「じゃあな」


火星の人類学者

「「火星の人類学者」を読んだ」
「どうだった」
「壮絶だな。俺も脳に損傷がある気がしてきた」
「その可能性はあるな」
「薬の影響か」
「それもあるだろう」
「なんだか、疲れた」
「急激なインプットの増加が原因だな」
「どうすればいい」
「楽しくないのは問題だ」
「だから、どうすれば良い」
「どう言って欲しい」
「わからない」
「本を読め」
「疲れているのにか」
「破壊療法だ」
「昼はどうする」
「パンだな」
「夜は」
「竹の子弁当だ」
「そうか、分かったぞ。計画が無いから迷うんだ」
「なにを今頃。頭、悪いな。明日の計画くらい立てておけ」
「脳の損傷はどうなんだ」
「今の脳科学では、どうにもならん。気にするな」
「俺の人生は壮絶か」
「どちらかと言えば、壮絶だな」
「その程度か」
「ああ、その程度だ」
「世界は広いな」
「「火星の人類学者」を読んだ効果だな」
「「魔の山」も読むのか」
「読みたいだろ」
「ああ」
「なら読め」
「ブログ書きすぎかな」
「どうでも良い。ただネットばかりしていると本が読めないぞ」
「わかった。読書を優先するよ」
「優先は大袈裟だ」
「俺の言葉は独特か」
「ああ、変わっている」
「タバコはどうする」
「何を急に。やめたいが、やめられない。転機が来る」
「明日の計画くらい立てておけ。良い言葉だ」
「今日、散髪しようかな」
「すれば良い」
「じゃあ、今から行くよ」
「行ってきな」
「またね」


今日は読書か?

「寝起きが悪い。ヘルパーを断ろうかと思ったがやめた」
「賢明だな」
「この対話についてブログを書いた」
「浮き足立ってるな。落ち着け」
「俺、これからどうなる?」
「メンタルよりフィジカルだな」
「メンタルは、もう良いのか?」
「そうだな、それより余生の過ごし方だな」
「やっぱり余生か」
「そうだ。再起など考えるな。活動はあくまで余暇だ」
「低く、低くか」
「なかなか良いことを言うじゃないか」
「超自己対話法のレジュメを作りたい」
「寝かせろ。まだまだ寝かせろ」
「浮き足立ってるか」
「少しな。横になって本を読め。ただ、無理はするな」
「わかったよ。今日もありがとう」
「今日はあまり出掛けるなよ」
「そうするよ」
「じゃあな」