場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

休眠研究所の扱い方

「大問題だった小説は書き終えた。あとは研究所だ」
「そうだな。懸案だな」
「どうすれば良い」
「今は放置だ。アイデアが浮かぶまで動くな」
「どうすればアイデアが浮かぶ」
「それは、タイミングときっかけだ。今はその時期ではない」
「まあ、今は考えないことか」
「その通りだ」
「素振りブログも今のままか」
「そうだ」
「また、小説を書きたくなった」
「インプットが先だ。まだ書くな」
「魔の山を読むのか」
「今は頑張るな」
「790ページだよ」
「それがどうした」
「厚さに圧倒される」
「所詮、有限だ。終わりはある。霊界と違ってな」
「なんだか狂気が懐かしい」
「無理を言うな。凡人になっれしまったのさ」
「一番嫌いなタイプだな。自己嫌悪になる」
「なら、変人になれ、狂人にはなるな」
「変人か。それ良いな。変人倶楽部を作ろうか」
「お前はまだ変人じゃないぞ」
「キャズム越えか」
「そういうことだな」
「今日もありがとうございました。守護霊様」
「いえいえ」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。