場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

今日は図書館に行くよ

「これから図書館に行く」
「それで?」
「本を2冊借りる」
「これで3冊だ。2週間で読める筈がない」
「頑張る」
「頑張るな」
「なぜ」
「どうせ読めない。挫折感だけが残る」
「じゃあ、どうすれば良い」
「気の向くままに斜め読みだ」
「じゃあ、そうする」
「素直でよろしい」
「ただ、図書館に行った後の行動が決まっていない」
「ああ、昼食か」
「どうしよう」
「ジョリーパスタにしろ」
「久しぶりだな」
「気分転換は重要だ」
「でも、お金がない」
「何とかなる」
「魔の山と火星の人類学者、どっちが優先だ?」
「知らん。見てから決めろ」
「メッセージは無いですか?」
「人間関係に気をつけろ。お前はサービス精神から喋り過ぎだ」
「わかりました、守護霊様」
「よろしい」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。