場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

ボランティア

「今日は今年初めてのデートだったんだ」
「そうみたいだね」
「で、なんで会ったか聞いたら、暇つぶしだと言われた」
「馬鹿だな。そんなの真にうけるのか」
「違うのか」
「違うに決まってるだろ」
「でもな、押せなかったな」
「押さなくてよろしい。お前は暴走する」
「余生だしな」
「生産的なこと、活動的なことはしないという悟りは、実に良い」
「そうか。執筆に悩まなくてもいいか」
「悩む意味がない」
「霊界は変わったことはあるか」
「いや、結局、世俗を上から眺めているだけさ。ポスト安部とかね」
「物理的実態がないから病気にならないな」
「まあ、量子という実態はあるけどね」
「心臓、どうなるんだろう」
「安静だ。オナニーはするな。危険だ」
「セックスもか」
「当り前だ」
「それにしても馬鹿になったな」
「そうだな。本当に馬鹿になったな」
「守護霊の力で何とかならないか」
「まあ、お前次第だ。お前がこうやって俺の相手をしていれば回復する」
「そうか。でも、もう世俗は良いんだ。知能は回復して欲しいが」
「精神科の薬で脳がやられてしまったんだ。諦めろ」
「おいおい、さっき回復するって言ったじゃないか」
「そうだったな、まあ、自分次第だ。気楽に生きろ」
「ありがとう。気楽に生きるよ」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。