場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

混迷

「中島様。私の病状はどうなのですか」
「深刻だな」
「しかし、主治医も訪問看護も地活も誰もが大丈夫だと言います」
「他人事さ」
「どうすれば良いですか?」
「俺にも分からん」
「そんな!!」
「予定通り節約するしかないだろ」
「無理です」
「これから、その無理が1年続くのだ」
「死にたいです」
「なら、なぜアクションを起こさない。怖いのだろ」
「泣き言です。喚いてます。変です」
「ふむ、これも泣き言かな。もっと泣け」
「もっとですか」
「そうだ。泣き疲れて眠るまで泣け」
「中途半端だと」
「もう、発狂を怖れるな。壊れて楽になれ」
「壊れて楽になれ? それが守護霊様の言葉ですか」
「そうだよ。流れに逆らうな、だ」
「わかりました。壊れて楽になります。大丈夫かな」
「お前の粘り腰が悪い方に出ているな」
「粘り腰ですか」
「ああ、往生際が悪い。お気楽で行け」
「はあ、もう薬飲んで、寝ます」
「そうしな。また来いよ」
「はい」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。