場末泡沫の霊界通信

守護霊中島氏との対話や霊からのメッセージ

冷静になれ。大局を見よ。

「いま起きた」
「ああ、疲れてるな」
「社会的入院と成年後見人、なんだかピント外れな気がしてきた」
「安易に決めることではないな」
「自由度はまだ維持できそうだ」
「ベネフィットとコストとリスクの計算。微妙だぞ」
「いま、丸裸になるのは不利なような、ラストチャンスのような」
「叔父、訪問看護師、代表理事、ケースワーカー、みな好きなことを言う。惑わされるなだ」
「そうだな。それにタイミングも問題だ」
「もっと冷静になれ。大局を見ろ。精査しろ」
「ああ、ロバート三部作を出版したい」
「PDFを作れ。ブログを作れ」
「仕掛り覚悟で成年後見人に向かうか。社会的入院は意味ないな」
「あの叔父が補助人じゃ、嫌だろ」
「確かにな」
「凌げ。凌げるだけ凌げ。社会的入院は最終手段だぞ。安易に使うな」
「わかった冷静に考えるよ」
「もう一度寝ろ。まだ深夜だ」
「わかりました、隊長」
「よし」


心臓センター

「中島様、心臓センターに行ってきました」
「そうみたいだな。カテーテルもアブレーションも必要なしだな」
「はい。そうです」
「まあ、これで安心してH病院に戻れるな」
「はい。そうします」
「お金は使い過ぎるな。基本、節約だぞ」
「わかりました」
「まあ、あと一息だ」
「イベントが続きますね」
「何とかなる。俺が言うのだから間違いない」
「信じますよ。従いますよ。あああ、ブログ休止がどうだったか」
「後悔するな。気軽に行け」
「はい」


バタバタしている

「中島様、お元気ですか」
「ああ、元気だが退屈していた」
「いろいろ問題が並列に存在していまして」
「お前、コンサルタントだろ。自分で解決しろ」
「ああ。そうでしたね。そうですよね」
「それより、女の話だ」
「はい。まあ。いろいろ話がありますね」
「女はどうでも良い。再度の金欠に注意だ」
「実はまだ金欠なんですね」
「そうだ。早めの注射だ」
「ですよね」
「まあ、頑張って乗り切れ。良い話があれば報告しろ」
「わかりました。隊長」
「隊長はいいな。これからもそう呼べ」
「はい。隊長」
「ワハハハハ」